ガムには消費期限や賞味期限がない!?消費期限と賞味期限の違いなど。

コンビニやスーパーなど、食品を扱う小売店では必ずといっていいほど置いてある「ガム」
菓子類に分類されるガムですが、「消費期限や賞味期限がない」って知ってましたか?
その理由などについて紹介します。
 
ちなみに、ガムにもたくさんの種類がありますよね?
その中には「とくほ」と一般的に略される「特定保健用食品」のガムもあります。
特定保健用食品には、期限の明記が法律で義務づけられているため、「トクホ」のガムには賞味期限が明記されています。 
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




消費期限と賞味期限の違い

食品には「安全に美味しく食べられる期間」というものがあります。
商品の容器や袋などには、「消費期限」か「賞味期限」のどちらかが表示されています。 

消費期限の定義

「消費期限」とは、
・明記されている保存方法(例 要冷蔵、要冷凍など)を守って保存し、
・商品の容器や袋は未開封の状態で、
明記された「年月日」まで「安全に食べられる期限」のことを言います。
 
期限の長短は食品の種類によって変わりますが、特に傷みやすい食品(お弁当、おにぎり、生麺、デザートなど)に表示されており、5日以内であることが多いです。 

賞味期限の定義

「賞味期限」とは、
・明記されている保存方法(例 要冷蔵、要冷蔵など)を守って保存し、
・商品の容器や袋は未開封の状態で、
明記された「年月日」まで「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のことを言います。
 
消費期限に比べて傷みにくい食品(チーズ、缶詰、ペットボトル飲料、カップ麺など)に表示されています。

賞味期限を過ぎても食べられなくなるわけではなく、におい・色・味などをチェックして異常がなければ食べることが出来ます。 

ガムの原料・特徴

原料

・植物性樹脂などの「ガムベース」「甘味料」「軟化剤」「香料」などが原料とされる。 

特徴

・直射日光などを避け、常温保存しておけば品質の変化が極めて少なく安定している。
・ガムには水分がほとんど無い。
・微生物などによる危害の恐れもほとんどない。 

ガムの種類

ガムにも、各メーカーさんから出ている色々な種類があります。
 
有名なメーカー及び商品の一例を挙げると、
・ロッテの「アクオ」「フィッツ」「キシリトール」「フラボノ」
・明治の「キシリッシュ」「スウィーツガム」
・キャドバリージャパンの「クロレッツ」「リカルデント」「バブリシャス」
・グリコの「ウォータリングキスミント」「ポスカ」
・クラシエフーズの「ライフガードガム」「眠気スッキリガム」
などが有名ですね。 

最後に。ガムのちょっとしたトリビア

かむことで集中力や記憶力を高めるとも言われるガム。
勉強やスポーツなどあらゆる場面で活用している方も多いですよね。
 
最後に、ガムのちょっとしたトリビアとして、
ガムは、チョコレートと一緒に噛むと溶けて無くなってしまいます
理由としては、チョコレートの中の油脂が溶けやすく、噛んでいるうちにガムも一緒に溶かしてしまうからです。
これはチョコレートだけに限らず、油脂が多い他の食品でも同様なことが起こります。
 
といったことに気を付けて、美味しくガムを活用していきましょう。
 
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




この記事が「よかった!」場合は、シェアをお願いします。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村