「そうめん」と「ひやむぎ」の違いってなに?

夏になると食べる機会が増える、そうめん、ひやむぎ、違いは知ってますか?

どちらも喉ごしがよく美味しいですよね!
ただ、両者の違いは何かと問われると、意外と知らない方も多かったり。

全国的にはそうめんが圧倒的に有名ですが、その違いははたして?


「乾麺類の日本農林規格(JAS)では」

スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




素麺(そうめん)

断面が角状「幅0・7ミリ以上 1・2ミリ未満、厚さ約1・0ミリ」、丸状のもの「直径0・8ミリ以上1・3ミリ未満」と定めています。(JAS)


冷麦(ひやむぎ)

断面が角状「幅1・2ミリ以上1・7ミリ未満、厚さ約1・0ミリ以上 1・3ミリ未満」、丸状のもの「直径1・3ミリ以上1・7ミリ未満」、薄くて平たい麺。

というように、太さの違いにて定義されています。


「うどん」と「きしめん」との違い

ちなみに太さ1.7ミリメートル以上になると、JASの分類では「うどん」、さらに4.5ミリメートル以上になると「きしめん」となる。


つまり

平たく言うと、「太さの違い=食感の違い」という感じだろうか。

「よーし、今日はこれ!」という感じで、その日の気分により食感の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちなみにそうめんというと、夏の風物詩の「流しそうめん」。

こちらの記事もよかったらどうぞ。

「流しそうめん」と「そうめん流し」の違いは?そもそも起源はどこ?
夏の風物詩ともいうべき「流しそうめん」。 やっているお店に行ったり、苦労して自作して自宅のお庭でやったという方もいらっしゃるのではないでし...

スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




この記事が「よかった!」場合は、シェアをお願いします。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村