汗の種類とデトックスについて。においの原因はコレ!

仕事をした後や運動時、をかきますよね。
特に暑い夏などは、何もしていなくても汗をかいてしまうという方も少なくないはずです。
 
そんな汗には種類があります。
違いとしてよく言われるのが「におう汗」と「におわない汗」。
その違いを紹介していきます。
 
そもそも汗は「汗腺」から分泌されます。
その汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があり、それぞれのしくみは以下の通りです。 
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




エクリン腺について

手の平足の裏に特に集中していて、ほぼ全身に分布しています。
全身に300万個ほどあるとされており(※個人差あり)、一般的な汗はこの汗がほとんどです。
 
特徴としては、透明でサラサラしており汗の粒子が細かいです。
また、その成分のほとんどが水分で、体温を調節する働きがあります。
この汗自体はニオわないのですが、細菌に分解されることによりニオイの元になります。 

エクリン腺から出る汗の種類

体臭にも「口臭、ワキガ臭、足のニオイ、ミドル脂臭、加齢臭」などいろいろありますが、汗にも種類があります。
エクリン腺から出る汗には、分泌される状況により3種類に分類できます。 

精神性発汗

一般的に冷や汗と呼ばれるモノ。
緊張時などに発汗し、ワキの下や手のひら、足の裏など局所的な発汗が特徴。 

味覚性発汗

刺激が強いモノ(辛いもの、酸味の強いものなど)を食べたときに出る汗で、鼻や額などにかきます。 

温熱性発汗

運動時や気温が高い時に分泌され、上がった体温を下げるという役割があります。 

アポクリン線について

特定部位のみにある汗腺で、その場所はワキの下、乳首、陰部付近など。
人種・遺伝による影響による個人差が大きな差異がありますが、脂質やたんぱく質、アンモニアなどを含み、粘り気がありべたつきがち
一度活動したアポクリン線は、24時間活動を休止します。
細菌が繁殖しやすい特徴を持っており、ワキガや体臭の原因はアポクリン線からの汗となります。 

デトックスについて

体内の毒物を排出する「デトックス」。よく耳にしますよね?
アポクリン腺から汗をかくことが、デトックスにつながります。
 
アポクリン腺からの汗には体内の老廃物も含まれ、また、毛穴に詰まりがちな皮脂なども押し流します。
つまり、美肌効果も期待出来るのです。
 
時間をかけて身体を温める必要がある」ため、有酸素運動ぬるめのお湯での半身浴岩盤浴ホットヨガなどが効果的です。
その際、脱水症状の対策はもちろん、汗をかきやすくするため、しっかりと水分補給をするようにしましょう。
 
何度か繰り返し行ううちに、ベタベタ汗がサラサラ汗に変わってきたら、デトックスがうまくいっている証拠です。
新陳代謝が高まり、冷え性改善なども期待出来るでしょう。 

まとめ

運動不足が長いこと続いたり、室内での事務仕事が多い方などは、普段汗をかくことが少なくなってきます
そうなると汗腺の機能は衰え、栄養分の再吸収などがうまくいかなくなりがちです。
 
定期的にデトックスをするように心掛けましょう!
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




この記事が「よかった!」場合は、シェアをお願いします。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村