西新井駅構内にある西新井ラーメンについて。

東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)の西新井駅
同駅の構内には、西新井ラーメンという立ち食いラーメン屋があります。
紹介は本文後半にて。
 
ちなみに西新井駅は東京都足立区に位置し、厄除けで有名な西新井大師へ行くための東武大師線も運行しています。 
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




西新井大師について

関東の高野山とも呼ばれ、足立区最高のパワースポットとしても名高い西新井大師。
ちなみに「西新井大師」というのは通称で、正式名は「五智山 遍照院 總持寺(ごちさん へんじょういん そうじじ)」。
 
天長の昔、弘法大師様が関東巡錫(じゅんしゃく )の折、
当所に立ち寄り悪疫流行になやむ村人たちを救わんと、
御自ら十一面観音像とご自身の像をお彫りになり、観音像を本尊にそしてご自身の像を
枯れ井戸に安置して二十一日間の護摩祈願をおこないました。
すると清らかな水が湧き、病はたちどころに平癒したと伝えられます。
その井戸がお堂の西側にあったことから「西新井」の地名ができたと伝えられております。
 
引用:「西新井大師のご案内」西新井大師 公式サイト
 
西新井大師
住所:東京都足立区西新井1-15-1
TEL:03-3890-2345
 
初詣の時には特に参拝客で賑わうそうで、期間中には50万人以上が訪れるのだとか。 

東武大師線について

西新井駅と大師前駅をつなぐ東武大師線。
途中駅はなく、路線距離は1000m
東武鉄道では唯一、踏切が全線に存在しない珍しい路線である。
 
もともとは西新井駅から上板橋駅をつなぐ西板線という計画があったが、着工途中での計画中止により2駅のみの路線になった。 

西新井ラーメンについて

さて、表題にある「西新井らーめん」ですが、行ったことがある方も多いのではないでしょうか?
 
開業はなんと1969(昭和44)年
約50年の歴史があるとは恐れ入りました。
当初は東武鉄道の東武ラーメンとして始まったそうだ。
下りの3・4番ホームにあり、座席はなくカウンター立ち席のみ
詰めれば7,8人は入れるかなという広さです。
壁などに囲まれておらず、カウンターはむき出しのため、ホームにおりると美味しそうなニオイが漂ってきます。
 
味は「昔ながらのシンプルな東京の醤油ラーメン」。
なんかまた食べたくなる味なんですよね。
同意見の方もきっと多いはず。
実際、お昼時などピークタイム以外でも、カウンターにどなたかお客さんがいる率が高いです。
 
以前、筆者がカウンターでラーメンを啜っていると、あっという間にカウンター席が埋まり、後ろでどんぶりを持ちながら食べている方が2人、という状況もありました。
 
西新井ラーメン
住所:東京都足立区西新井栄町2-1-1 東武伊勢崎線西新井駅構内
TEL:03-3606-1187
 
ラーメン:450円
チャーシューメン:650円
ワンタンメン:500円
カレーライス:450円
ワンタン:150円
みそラーメン:650円
コーンラーメン:500円
メンマラーメン:500円
もやしラーメン:500円
ねぎラーメン:500円
キムチラーメン:550円
カレーラーメン:450円
冷し中華:650円、 ざる中華:450円
ミニカレーライス:350円
玉子:50円、 ライス:200円、 各種大盛り券:100円
※価格の改定や期間限定メニューなど、上記と変更がある可能性がある旨ご了承下さい。 

グルメサイトの評価

失礼な話だが、そもそも駅構内にあるラーメン屋が掲載されているのか、と思いつつ調べてみると、しっかり載っていた。
しかも(これまた失礼な話だが)、結構評価が高い!
 
立ち食いラーメンと思って侮るなかれ!
 
まだ行かれたことない方は、西新井大師への参拝と併せて是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?