アパートとマンションにおける専門用語(間取りや建物の造りなど)

アパートやマンションを借りる時に、
「CL」「LGS」などの表記を見て「ん?この表記って何なの?」と思ったことはないですか?
 
でも、不動産屋さんと一緒に物件を見ている時に意外と聞きづらかったり、気を使って聞けず終いという方もいらっしゃるのでは。
 
アパートやマンションなどにおける、そんな不動産用の専門用語を以下に紹介します。
引っ越しやマンション購入を検討している方は、参考にしていて頂ければ幸いです。 
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




部屋の間取りなど

1R:ワンルーム。キッチンと部屋が1つの空間で一体になっているタイプ。
1K:ワンケー。1つの部屋+キッチン。
1DK:ワンディーケー。1つの部屋+ダイニングキッチン。
※おおよその目安で「キッチン」はたたみ6畳より狭く、「ダイニングキッチン」は6畳より広め。
1LDK:ワンエルディーケー。1つの部屋+リビング+ダイニングキッチン。 

モノの名称など

CL:クローゼット。
WCL(WIC):ウォーキングクローゼット。歩いて中に入れる程の広い収納スペースがある。
EV:エレベータースペース。
MB:メーターボックス。
CF:クッションフロアー。塩化ビニール製のシートを敷いた床で、防音・防水効果が良く掃除が楽。
PS:パイプスペース。よく傘などがしまわれているようなスペース。
S:サービスルームの略。一般的には物置。DEN、GR、STO、STRやNとも表記される。
UB:ユニットバス。壁や天井、床とお風呂が一体化してる掃除に便利なお風呂。
UT:ユーティリティ。一般的に洗濯機置き場や洗面台など。 

建物の造りなど

LGS:軽量鉄骨造。防音性はあまりよくない。
PC:プレキャストコンクリート造。
RC:鉄筋コンクリート造。
SRC:鉄骨鉄筋コンクリート造。
打ちっぱなし壁がコンクリートのままの状態。デザイナーズ物件に多いが、冬は寒く夏は暑い。
下がり天井:天井の一部が低くなっていること(配管などの影響など)。

既に知っている、というモノもいくつかはあったかもしれませんね。
 
以上、一部の紹介にはなりますが、是非参考にして下さい。
また「マンションとアパートの違い」については、以下の記事ものぞいて見て下さい。
マンションとアパートの違いって何?
こんにちは。皆さんは今どんなお家に住んでいますか? 実家、一人暮らし、シェアハウス、アパート、マンション、一戸建て… それぞれあるかと思...
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




この記事が「よかった!」場合は、シェアをお願いします。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村