カラオケという単語には由来がある!その歴史や変遷は?

本記事は師走の12月に執筆しております。
12月といえば忘年会シーズン真っただ中。
 
お酒を飲む機会も、他の月に比べてぐっと増えますよね。
飲みすぎには十分注意しましょう!
 
そして、忘年会をはじめ飲み会といえば「カラオケ」が付き物。
 
「掴んだマイクは離さない、カラオケ大好き!」という方もいれば、「音痴なのでカラオケは苦手…、人前で歌うのは恥ずかしい、抵抗がある…」という方もいらっしゃる事でしょう。
 
ちなみに「音痴」という言葉には正式名称があります。
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




カラオケの定義

カラオケの定義を「ブリタニカ国際大百科事典」より参照させて頂くと、
歌謡曲などの伴奏だけを演奏し、利用者がこれに合わせて歌えるようにした機械、またはこの機械を使って歌うこと。
と、あります。

カラオケという言葉の由来

カラオケという言葉の由来は、
「歌のない(空の)オーケストラ」という意味で、日本語と英語の合成語になります。
 
元はバンドマンの俗語で、「歌手抜き」という意味で「空オケで練習する」、というような意味合いで使われていました。

カラオケの歴史や変遷

カラオケの歴史や変遷について、こちらもブリタニカより抜粋させて頂くと、
 
1970年代初めに神戸の歓楽街で生まれ、会社員の間で人気を博した。
 
1980年代末にはアメリカ国内でも流行し、アジア各国にも広く普及した。
当初は酒場などに設置されていたが、1978年に家庭用カラオケが発売され、
 
1980年代には専用の小部屋を時間貸しするカラオケ・ボックスが登場、手軽なレジャーとして定着した。
 
機材も、初めは伴奏テープだけだったが、1980年代、ビデオディスクで画面に歌詞や映像が流れるようになり、1990年代には通信カラオケが登場して、店側がソフトを用意する必要ななくなった。
 
とのこと。
ご存知の方も多いかもしれないのですが、カラオケの発祥は日本なのですね。

最後に

ちなみに、若い世代の方だと「カラオケボックス」という言葉に「?」となる方も多いようです。
ジェネレーションギャップを感じる瞬間ですね。
 

カラオケという単語自体、世間一般の認知度が非常に高いため、その由来や語源を気にもとめない方が多いのではないでしょうか。

かくいう筆者もその一人です。
 
これを機に、日常の何気ない言葉やモノ、その由来やルーツなどを探ってみると意外と面白い発見があるかもしれませんよ。
 
関連コンテンツ①
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




シェア・共有はこちらから。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村