犬を三つ書く漢字『猋』の読み方は?変換するにはどうすればよい?

突然ですが「犬」という漢字が三つ重なった『猋』という漢字は見たことありますか?

日常生活において見かける機会はまず無いのではないでしょうか。

何かの縁で『』という漢字に出会ってしまった方のために、『猋』という漢字の変換方法や読み方などをまとめてみました。

(※本記事で使用している「猋」という漢字は環境依存文字のため、お使いの携帯電話やPCのOS・ブラウザによっては、文字化けで見れない可能性がある旨ご了承下さい)

『猋』の読み方や漢字の意味

『猋』という漢字は、
音読みで「ひょう」、
訓読みで「はしる、つむじかぜ」と読みます。

意味としては、
 1.犬が群がり走る様  
 2.つむじかぜ。はやて。

漢字検定では1級相当で、人の名前には使用することが出来ません。

『猋』という漢字を使ったお店等がないか調べてみると、台湾の「猋師傅便当専売店板橋店」という、弁当製造業者さんが出てきました。
日本にも1店舗くらいあるかと思いましたが、Googleで調べる限りでは無いようです。

『猋」の変換方法は?

『猋』という漢字を変換するには、
前述の読み方ひょう」と入力し「単字変換、もしくは「手書き入力」でも表示されます。

それでも機種やOSによっては、表示されないこともあるようです。

他の方法としては、
日本語入力モードで「730b」と入力し(かぎかっこの部分は入力しない)、「f5」キーを押すと変換候補に『猋』という漢字が表示されます。

なかなか使う機会がない漢字なので、お急ぎの方は本記事からコピペした方が早いかもしれません。

動物の漢字三つで出来た漢字

『猋』は「犬」という漢字が三つ合体した漢字ですが、
他にも「生き物の漢字が三つ合体した漢字」はいくつかあります。

一例を挙げると、
「犇」「羴」「蟲」「驫」「鱻」「麤」「龘」
などがあります。

どれも普段馴染みがない漢字かとは思いますが…

上記のように、2つないし3つの同じ漢字の組み合わせで構成される漢字を理義字(りぎじ」と言います。

理義字の一例では、
「林」「磊」「森」「姦」「晶」「㐂」 など。

まとめ

好きな方も多い「」。
猫派?犬派?などと話題にあがることも多いかと思いますが、ちなみに筆者は犬派です。

昔実家で飼っていたこともあり、特に柴犬が好きですね。
犬や猫にご興味ある方は、以下の記事もぜひご参照下さい。

https://junglewood.xyz/creature/shallot-dog-ng-food/

https://junglewood.xyz/name/nekoyashiki-unusual-surname/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です