紙があれば鍋料理は食べれる?!鍋の種類にはどんなものがある?

秋から冬にかけ、だんだんと気温が寒くなってくると、を食べたくなりますよね!
 
日本の冬と言えば鍋料理を食す方は多いのではないでしょうか?
そんな鍋料理にも種類がいろいろあります。
 
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




鍋料理の種類(※鍋を使った料理含む)

・すき焼き
・キムチ鍋
・水炊き
・しゃぶしゃぶ
・寄せ鍋
・もつ鍋
・ちゃんこ鍋
・湯豆腐
・味噌煮込み
・豆乳鍋
・すっぽん鍋
 
すべてではないですが、有名どころはこんな感じですかね。
ちなみに上記の前者3つは、例年の「好きな鍋ランキング」でも上位の常連です。
 
鍋は、料理の種類も豊富ですが、鍋そのものの種類も用途などに応じて様々なモノがあります。 

鍋の素材の種類

テフロン製

→表面にフッ素樹脂の加工がされており、手触りはすべすべ。
 耐熱性に優れ焦げ付きも少なく、水も弾きやすい。 

ステンレス製

→キッチンのシンク等にも良く使われるステンレス。
 焦げ付きに強いのをはじめ保温性に優れ、長時間の料理に向いている。
 IHでも使えて便利だが、重さがある。 

アルミ製

→熱伝導率が良く軽いため、短時間のちょっとした料理に向いている。
 酸やアルカリ性の物に弱く、黒ずみやすい。 

ホーロー鍋

→鉄素材などの表面に、ガラスの粉を吹き付けたもので、表面はガラス製。
 衝撃に弱く、急冷や空焚きには特に注意が必要。 

銅鍋

→銅鍋は塩分や水に注意し、料理を長時間入れたままにしないこと。
 錆が発生したら、お酢と同量の塩をまぜた液で、布などでこすり落とす。 

ガラス鍋

→洗う際は重曹やお酢、クリームクレンザーでこすり洗いしましょう。 

土鍋

→保温性がとても高い。加熱温度の上げ過ぎに注意。
 焦げの対応は重曹を使い、洗剤の浸け置きは成分が鍋に染み込んでしまうためNG。
 
こちらも鍋料理の種類と同じく、多様な種類がありますね。
そして、ちょっと特殊な「紙鍋」というものもあるのです。

紙鍋の仕組み

紙鍋」という単語を初めて聞く方もいるかと思います。
かくいう筆者もその一人でした。
紙に火をつけたら燃えるんじゃないの?」という至極当然の理由です。
そんな常識を覆すのが「紙鍋」。鍵を握るのは水の沸騰温度です。
 
水の沸騰温度は100度です。
水蒸気になった水は1000度以上まで上昇しますが、液体状態の水の最高温度は「100度」です。
加熱を続けても、液体の水の温度は変わりません。 

紙の発火点

物にはそれぞれ発火点というモノがあります。
発火点とは、火源がなくても物質に火がつく温度のことを言います。
物質の温度がこの発火点以上になると、自然に燃え出します。
 
燃えやすいイメージがある紙の発火点は「450度」と意外に高いです。 

紙鍋に水を入れて火で加熱すると?

水を通さない紙に水を入れた状態で火で加熱すると、
・水の温度は上がり100度に到達。
・水は沸騰するが、温度は100度以上にはならない。
・紙の発火点は450度のため、紙鍋に水が入っている限り紙に火はつかない。
という仕組みです。 

最後に

寒い時期に大人気の「鍋料理」。
数ある種類の中でも、「紙鍋」に関しては自宅でなかなかやる機会がないかと思います。
もしチャレンジする際は、火源には十分に注意してしっかり調べたうえで臨んでください。
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




この記事が「よかった!」場合は、シェアをお願いします。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村