魚の種類や分類にはどんなモノがある?白身魚、赤身魚、青魚、出世魚…

」の種類にもいろいろありますよね。
成長によって呼び方が変わる「出世魚」という分類もあれば、「白身魚、赤身魚、青魚」といった、色などによって呼び方が変わる分類もあります。
 
美味しい魚は世の中に数多くありますが、本記事では魚の種類について紹介します。
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




出世魚の種類

成長に伴って呼び方が変わる魚を「出世魚」といいます。
ブリ、スズキ、ボラ、サワラ」などが有名ですね。

上記以外の出世魚の種類や、呼び名の変わり方については、以下の記事を参照下さい。

出世魚ってどんな種類があったっけ?呼び方ってどう変わるの?
成長に伴って呼び名が変わる魚を「出世魚」といいます。 出世魚って単語は知ってるけど、どんな魚がそうなんだっけ? 呼び方はどう変わるのだった...

白身魚・赤身魚・青魚の分類について

魚の分類の話をする際によく挙げられるのが、『鮭は赤身魚ではなく、実は白身魚』という下り。

皆さんは聞いたことありませんか?

身の色が赤いサケがなんで白身魚なの?と思う方も多いかもしれません。

白身魚、赤身魚の分類方法

実は「白身魚・赤身魚」の分類は、個体表面の身の色ではなく、「魚の筋肉の色」によるものです。
筋肉の色の違いは「遠海を泳ぐ魚か、近海を泳ぐ魚か」によって変わってきます。
 
遠海を泳ぐ魚は、スピードよりも持久力のほうが重要で、たくさんの糖分酸素を必要とします。
酸素は筋肉の中にある「ヘム」と呼ばれる鉄入りの色素に結合し、この「ヘム」が赤色の成分のため「赤身」になります。
ちなみにこの筋肉を「遅筋」と言います。
 
対して近海を泳ぐ魚は、持久力よりも瞬発力を要します
瞬発力に必要なのは酸素ではなくエネルギーなので、色がつかず身は白いのです。
この筋肉は「速筋」と言います。

青魚の分類について

青魚の分類は、背中の色が基準となります。
背中部分が濃い青色をした魚が、一般的には青魚に分類されます。
そんな青魚には「DHA、タウリン、鉄分」が多く含まれ、栄養も豊富です。
お寿司屋さんなどでは「ひかりもの」と呼ばれます。

白身魚の種類

サケ(鮭)、タイ(鯛)、ヒラメ(鮃)、アナゴ(穴子)、マス(鱒)、スズキ(鱸)、キス(鱚)、フグ(河豚) など
 
 

赤身魚の種類

マグロ(鮪)、サンマ(秋刀魚)、カツオ(鰹)、ブリ(鰤)、ハマチ(魬)、カンパチ(間八)、など
 
 

青魚の種類

サバ(鯖)、イワシ(鰯)、アジ(鯵)、ニシン(鰊、鯡)など
 
 

最後に

普段の食事に欠かすことのできないお魚。
上記のように種類は色々あれど、その分類がどのように分かれているか知った上で食すことで、またその味わいも変わってくるかもしれませんね。
 
食卓や外食の際、お魚が並んだ際はちょっと思い出してみて下さい。
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




この記事が「よかった!」場合は、シェアをお願いします。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村