白身魚は種類が多い!魚の種類一覧とおすすめ料理(フライ、煮付け、ムニエル…)

皆さん「」は好きですか?

魚の種類は数多くありますが、その中でも「白身魚の種類」、「白身魚のおすすめ料理」について少し掘り下げ紹介していきます。

ちなみに「魚の種類」とひとえに言っても、分類の仕方も様々ですが、「白身魚・赤身魚・青魚」という分類で本記事ではすすめていきます。
(※分類の仕方には諸説あります。参考までにご活用下さい)

上記に挙げた3分類は、魚の個体表面の色ではなく「魚の筋肉の色」により分類されています。
オレンジ色が印象的な「鮭(さけ、しゃけ)」は赤身魚と思われがちですが、白身魚に分類されます。
そして、筋肉の色は『普段泳ぐ海域が、遠海か近海か』によって変わります。

それぞれの代表種として、白身魚「タイ(鯛)・ヒラメ(鮃)・スズキ(鱸)」赤身魚「マグロ(鮪)・カツオ(鰹)・ブリ(鰤)」青魚「サバ(鯖)・イワシ(鰯)・アジ(鰺)」などが有名ですね。
他の赤身魚や青魚の種類などは、以下の記事にて紹介しています。

https://junglewood.xyz/creature/kind-of-fish/

白身魚の種類(一覧)

白身魚の種類は以下の通りです(※五十音順)。

あ行

アユ(鮎)、アイナメ、アオブダイ、アナゴ(穴子)、アマダイ(甘鯛)、アンコウ(鮟鱇)、アイゴ、イサキ、イシダイ、イシガキダイ、イシモチ、ウツボ、ウナギ(鰻)、ウミタナゴ、エソ、オヒョウ、
 

か行

カマス、カレイ(鰈)、カワハギ、キス(鱚)、キュウセン、ギンダラ(銀鱈)、キントキダイ、キンメダイ(金目鯛)、クエ、クロダイ(黒鯛)、

さ行

サケ(鮭)、サヨリ(鱵)、シイラ(鱰)、スケトウダラ、スズキ(鱸)、

た行

ダツ、タラ(鱈)、タチウオ(太刀魚)、トビウオ(飛魚)、トラフグ、

は行

ハタハタ、ハモ(鱧)、ハリセンボン、ヒラメ(鮃)、ブルーホワイティング、ヘダイ、ホッケ(𩸽)、ボラ(鯔,鰡)、

ま行

マス(鱒)、マダイ(真鯛)、メカジキ、メジナ、メバル、メルルーサ

地域特有の魚や店頭に通常並ばない魚も列挙しましたが、それを踏まえても白身魚は種類が豊富です。

他に「魚の漢字」について、下記の記事も是非読んでみて下さい。

https://junglewood.xyz/word-sentence/kanji-fish-radical-at-left/

白身魚の出世魚・縁起魚

白身魚の中でもクロダイ(黒鯛)、スズキ(鱸)、ボラ(鯔,鰡)出世魚マダイ(鯛)、マス(鱒)縁起魚とも呼ばれます。
縁起魚・出世魚の種類や呼び方の変遷といった詳細は、下記の記事をご参照下さい。

https://junglewood.xyz/creature/kind-of-shusseuo/

https://junglewood.xyz/creature/fish-name-change/

料理における「白身魚」

料理におすすめの白身魚

白身魚に限らず、食材の調理方法は色々ありますよね。
焼く・茹でる・炒める・揚げる・煮る・和える・蒸す」などが代表的です。

料理初心者の方にもおススメなのが「タラ(鱈)」を使った料理。
塩焼き、煮込み、鍋の具材にも使え、和洋中の料理に幅広く活用出来ます。

」に関しては以下の記事も参照下さい。

https://junglewood.xyz/food-gourmet/kind-of-pot-cuisine-kaminabe/

白身魚の料理には「塩」の使い方が大事

また、白身魚は味が淡泊なので「」の使い方が味の決め手です。
調理方法次第で適切な塩加減は変わりますが、塩をふることにより水気が抜け、身が締まり旨味は増します。
 
焼き物・揚げ物の場合は、塩は少なめがおススメです。
鍋料理や煮物(汁もの)の場合は、逆に少し多めが塩梅としてはおススメです。
 

ちなみに、「塩」には賞味期限がありません。
塩以外でも賞味期限が無いものについては、以下の記事を参考にどうぞ。

https://junglewood.xyz/food-gourmet/no-expiration-date/

白身魚を使ったおすすめ料理

白身魚を使った「人気、おすすめ料理」、一例をご紹介します。
 
・鯛(たい)のカルパッチョ
・鱈(たら)のカレーフライ
・鱈(たら)の甘酢あんかけ
・鱈のトマトソース煮込み
・銀鱈(ぎんだら)の煮付け
・鮭のムニエル
・鮎(あゆ)の塩焼き
・𩸽(ほっけ)のバター焼き
・鰈(かれい)のフリット
・メカジキのバターソテー
・メバルの白ワイン蒸し
・刺身(や寿司ネタ) 「鯛(たい)、鮃(ひらめ)、鰈(かれい)、鮍(かわはぎ)、鱵(さより)」

「白身魚のフライ」の豆知識

スーパー・コンビニ・ファストフード・お弁当屋などでよく見る「白身魚のフライ」。
 
「アジフライ」や「イワシのフライ」等と違い、魚個体の名前を冠していませんが、一般に広く認知されていますよね。
 
そんな「白身魚のフライ」に最も多く使われているのは「スケトウダラ」。
スケトウダラは他にも「フィッシュソーセージ、かまぼこ、カニカマ」などに加工され店頭に広く並んでいます。
そして、スパゲッティ等でもよく使われる「タラコ」も、スケトウダラの卵を使っています。
 
スケトウダラに次いで白身魚のフライに使われる魚は「ホキ、メルルーサ、鱸(スズキ)、オヒョウ、ブルーホワイティング」などが挙げられます。
 
そしてファストフードと言えばマクドナルド
マクドナルドの定番メニュー「フィレオフィッシュ」で使われているのは100%アラスカ産のスケトウダラ(スケソウダラ)です。

最後のまとめ

本記事では「白身魚」について掘り下げてみました。

そんな白身魚は寿司ネタとしても人気ですよね。
最後に、お寿司の種類についても記事のリンクを貼っておきます。

https://junglewood.xyz/life/types-of-sushi/

上記に挙げた白身魚についての諸々の情報、普段の料理や買い物に是非お役立て下さい。
最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です