「出世魚」の種類。どんな魚の種類がいて、呼び方はどう変わる?

成長に伴って呼び名が変わる魚を「出世魚」といいます。

出世魚という名称は知ってるけど、「出世魚の種類や呼び方がどう変わるかはちょっと曖昧かも…」という方、結構多いのでは。

本記事では、出世魚の種類変化していく呼び方について、ご紹介します。
ちなみに、出世魚の呼び方は地域によっても変わります。

スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




出世魚の種類

ブリ(鰤)

出世魚の代名詞ともいわれる「ブリ(鰤)」。
 
スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ブリ属。成魚の体長は100㎝以上になります。
お寿司屋さんでも人気のネタですよね。

呼び方の変化

【東京近海】:ワカシ・ワカナゴ(15㎝) → イナダ(40㎝) → ワラサ(60㎝) → ブリ(90㎝)

【関西】:モジャコ(5㎝前後) → ワカナ(10㎝前後) → ツバス(15㎝) → ハマチ(40㎝) → メジロ(60㎝) → ブリ(60cm以上)

【紀州近海】:ワカナツバスイナダハマチブリ(オオウオ)


スズキ(鱸)

スズキ目スズキ科に属し、成魚の体長は100cm以上になります。

食用はもちろん、釣りの対象魚として人気があり、秋の季語とも言われています。

呼び方の変化

【関東】:セイゴ(25㎝) → フッコ(50~60㎝) → スズキ(60㎝) → オオタロウ(100㎝)

【関西】:セイゴ(25㎝) → ハネ(50~60㎝) → スズキ(60㎝~)


ボラ(鯔、鰡)

ボラ目ボラ科に属する。
成魚の体長は80cm以上になります。

水の体質汚染に強い体質で、海水域から淡水域まで姿を見ることが出来る。

呼び方の変化

【関東】:オボコイナッコスバシリイナボラトド

【関西】:ハク(~3㎝) → オボコ・スバシリ(3~18㎝) → イナ(18~25㎝) → ボラ(25~50㎝) → トド(50㎝~)


サワラ(鰆)

スズキ系スズキ目サバ亜目サバ科サワラ属。
成魚の体長は100cm以上になる、細長い体の大型肉食魚。
 
最大では、全長115㎝、体重12㎏の記録があります。

呼び方の変化

サゴシ・サゴチ(40~50㎝) → ナギ(50~60㎝) → サワラ(60㎝以上)


コノシロ(鮗)

ニシン目ニシン科の魚。
成魚の体長は30㎝以上になります。

体は平たく、笹の葉を左右に付けたような感じ、背の上が青緑色なのが特徴です。

呼び方の変化

ジャコ・シンコ(10㎝以下)  → コハダ(15㎝前後) →  コノシロ(30cm以上)
 

マイワシ(真鰯)

成魚の体長は30cm以上になります。

イワシ(鰯)は、ニシン目ニシン科に属します。

呼び方の変化

シラス(稚魚)→カエリ(数cm)→コバ(10cm)→チュウバ(15cm)→オオバ(20cm)→イワシ(30cm以上)


クロマグロ(黒鮪)

寿司ネタでも人気のマグロ。
スズキ系スズキ目サバ亜目サバ科マグロ属。

成魚の体長は大きいモノで300㎝、400㎏以上になります。

呼び方の変化

ヨコワ(幼魚、3-8㎏) → メジ(若魚、20㎏以下) → 中房(若魚、20‐40㎏) → クロマグロ

キハダマグロ(黄肌鮪)

スズキ系スズキ目サバ亜目サバ科マグロ属。

ヒレと頭から尾にかけてのラインが、黄色になっているのが特徴。

呼び方の変化

キメジ(20kgより小さいもの) → 小キハダ(20kg~40kgのもの) → キハダマグロ


メバチマグロ(目撥鮪、眼撥鮪)

スズキ系スズキ目サバ亜目サバ科マグロ属。

目玉がとても大きい。
スーパーで刺身として売られているものの代表格。

呼び方の変化

ダルマ(15kg以下の幼魚) → 小バチ(15kg~25kg) → 中バチ(25kg~40kg) → 大バチ・メバチマグロ(40kg以上)


補足

上記の「コノシロ・マグロ各種」などは、出世魚に含めないという考え方もあります。

カツオ(鰹)については、出世魚ではなく後述の「縁起魚」とされます。

出世魚の豆知識

そもそも、名前が変わっていくに連れ「位が上がる、役職が上がる」というのは、会社組織では一般的ですよね。

会社組織における役職の種類と順番はどんな感じ?
一般的な会社には「役職、階級」が存在します。 社内はもちろん、取引先の方などについて「どちらの役職のほうが偉いの?」という時のために「どん...

この流れは、そもそも武士や学者の風習と関係があります。

その昔、武士や学者といった立場の人たちは、元服(※現在でいう成人にあたる)を迎えると、名前を「幼名」から「大人の名前」に改めました。
その際には着衣も替え、社会への仲間入りを盛大に祝ったそうです。

このような風習・慣習があり、同じように名前が変化する魚のことを出世魚と呼ぶようになったのだとか。
昔でいう元服を迎えた際もそうですが、あらゆる祝い事の場でも「出世魚」や「縁起魚」は贈り物として使われるのが定着していきました。

出世魚の種類と縁起魚について。なぜ呼び方が変わるのか?
成長するごとに名前が変わる「出世魚」、その単語は聞いたことがある方は多いかと思います。   ただ、出世魚という名前自体は知っていても「ど...

まとめ

前述の由来もそうですが、出世魚と呼ばれる魚は成長に伴い姿形やその味も大きく変わるため、漁師さん及び鮮魚店・スーパー等の店頭でわかりやすくするために名前を変えるのが結果として最善だったというわけです。

以上、歓談の席などで酒の肴(さかな)にぜひどうぞ!出世率も上がるかも!?

また、魚にまつわる苗字漢字についてまとめた以下の記事も是非!

魚に纏わる珍しい苗字にはどんな種類がある?
皆さんの周りに魚にまつわる珍しい苗字(名字)の方はいますか?   ちなみに苗字の由来の多くは、住んでいた「地形」由来なんだとか。 また...
魚編の漢字は豊富にある!魚の種類を覚えよう!
お寿司(鮨)屋さんと言えば、お茶を飲むための大きな湯呑みがお馴染みです。   加えていうと「様々な種類の魚の漢字が書かれた湯呑み(ゆのみ...
関連コンテンツ①
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




シェア・共有はこちらから。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村