アットマーク「@」の意味や由来は?正式名称もあるって本当?

アットマーク「@」といえば、
メールアドレスやTwitterアカウントでおなじみの記号ですよね。

「アットマーク」という呼び方を何気なしに使っていますが、
実は正式名称があるってご存じですか?
また、国によってその呼び方も色々と変わるんです。

では、アットマーク「@」の意味や正式名称、由来や世界各国での呼び方を見ていきましょう。


アットマーク「@」の正式名称と意味

「@」の正式名称は2つある、と言った方がよいかもしれません。

アットマークの正式名称 その1

まず1つ目は「単価記号」という呼び方です。

意味としては、その名の通り単価を表す時に使う記号で、会計・経理の現場で使われます。

使用例を挙げると、
「@100円×10個=1,000円」だと、
「100円の単価のものが10個で小計1,000円」という具合です。

アットマークの正式名称その2

2つ目は「コマーシャルアット、commercialat」という呼び方です。

こちらは、文字コードの業界規格であるUnicode(ユニコード)や、ANSI(米国国家規格協会)、CCITT(電気通信標準化部門)、JIS(日本工業規格)においても共通した呼び方となります。

「世界」で見た場合、「@」の正式名称はこちらが公式色が強いかもしれません。

上記のどちらにせよですが、アットマークという呼び方は通称になります。

記号では他にも、ビックリマーク「!」や、はてなマーク「?」が一般的ですよね。

この「!」や「?」、さらにそれらを組み合わせた「!?」や「?!」にも実は正式名称があります。詳細は以下の記事をご参照下さい。

https://junglewood.xyz/word-sentence/%ef%bc%81-%ef%bc%9f-%e2%81%89-%e2%81%88-official-name-difference/


アットマーク「@」の由来

アットマーク「@」の起源、由来には諸説あります。

一例では、

◇ギリシャの水量単位@からという説

◇スペイン語圏・ポルトガル語圏の質量の単位アローバ (arroba) の記号からという説

◇ラテン語の「アンフォラ」(取っ手が付いたツボ)という意味の記号からという説

◇フランス語の前置詞 à(英語の at にあたる)の変形という説

◇英語の each at から、e と a の合字という説

等々ありますが、
有力と言われている説は、ラテン語の「ad」から来ているというものです。
このラテン語「ad」は、英語の「at、to、for」と同じような意味合いです。

中世の修道士が聖書の複製の際に、「a」の周りに「d」の半周を書いたのが始まりとされ、その後、略記表現が進化する過程を経て、1筆で書ける「@」になったとされています。

メールアドレスで「@」が使われたきっかけ

単価を表す「単価記号」として使われていた「@」が、メールアドレスで使われるようになったきっかけがあります。

それは、電子メールの元となるプログラムを開発したアメリカのレイ・トムリンソン氏が、1971年に行った電子メールを2台のコンピュータ間で送信する実験です。

その実験において、「端末A」から「端末B」に電子メールを送る際、「端末Aに自分ではない端末ということを認識させるため「@」を使用した」のが始まりです。

同氏が@を使用した理由は、

 1.名前として@が使われることがほぼない点
 2.@が場所や位置を示す『at』と同音のため、ユーザーが各ホストにいると表せる

という2点で、
その分かりやすさも有り、その後メールアドレスで「@(アットマーク)」を使用することが定着していきました。

コンピューターの分野でよく使う記号では「*、#」などもあります。
別記事で詳細をまとめているので、参考までにご活用下さい。

https://junglewood.xyz/word-sentence/%ef%bc%8a%ef%bc%83%e2%80%bb-officialname-origin-meaning/


国によって違うアットマーク「@」の呼び方

「@」の呼び方(通称)は、英語圏の国では「at sign(アット サイン)」や「at symbol(アット シンボル)」などが一般的ですが、世界各国でその呼び方は多種多様です。

各言語表記は割愛しますが、各国での通称が「どういう意味を表す言葉で呼ばれているか」をいくつか紹介していきます。

●英語圏…サイクロン、カタツムリ
●フランス…エスカルゴ、アロバズ(質量の単位)
●スペイン・ポルトガル…アローバ(質量の単位)
●イタリア・ウクライナ・ベラルーシ…カタツムリ
●オランダ…猿の尾、揺れる猿
●ドイツ…クモザル、猿の尾の意味
●ギリシャ…小さなアヒル
●スウェーデン…シナモンロール
●フィンランド…猫の尾
●ブルガリア…小さな猿
●ポーランド…猿
●スロベニア…猿
●ロシア…子犬
●韓国…巻貝

呼び方の違いといえば、「企業」と「会社」はどう違うかについてや、呼び方が変わる「出世魚」についてなど、以下もぜひご参照下さい。

https://junglewood.xyz/business/kaisya-kigyo-chigai/

https://junglewood.xyz/creature/fish-name-change/


最後に

国による通称が、こんなにたくさんあるのが面白いですよね。
単著な言い方になりますが、世界は広いなと感じる次第です。

最後に、世界各国の略称に関してまとめた記事もあるので、そちらも覗いてみて下さい。

https://junglewood.xyz/life/country-of-ioccode-kanji-english/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です