『とんちんかん』ってどんな意味?「鍛冶屋」が語源や由来って本当!?

とんちんかん」という言葉、聞いたことある方は多いと思います。
でも、その詳しい意味語源・由来まで知っている方は、意外と少ないのではないでしょうか?
 
本記事では、とんちんかんの意味とその語源(由来)について紹介します。

『とんちんかん』の意味

とんちんかん」とは、
物事のつじつまが合わない、ちぐはぐになる、間抜けな言動をする事やそのような行動をする人のこと
を指します。

皆さんの周りには「とんちんかん」な人はいますか?

どことなく憎めない感じがしますが、ビジネスの場などで「あの人ってとんちんかんな事をよく言うよね」などと言われないよう気をつけましょう。

『とんちんかん』の同義語・類義語

「とんちんかん」という言葉の同義語類義語には、
筋違い、的外れ、不揃い、不統一、支離滅裂、辻褄の合わない、ちぐはぐ、荒唐無稽、めちゃくちゃ…
などがあります。

列挙して挙げると「確かに」と納得しますよね。

ちなみに、「機に応じて即座に働く知恵」を意味する「とんち(頓智・頓知)」という言葉。
有名なとんち話では、「一休咄、彦一話、吉四六話」などがありますよね。

こちらは「とんちんかん」とは無関係です。
そもそも意味も全く違いますもんね。

『とんちんかん』の語源・由来

「とんちんかん」という言葉の由来は、鍛冶屋にルーツがあります。

鍛冶屋の作業においては、師匠が鉄を打ち、その合間に弟子が槌(つち)を入れます。

その際、テンポよくいく場合は「トンテンカン」という音がするのに対して、ずれて鳴る音を「トンチンカン」というように模した擬音語が語源です。

「音が揃わない」⇒「ちぐはぐ」というような意味合いで、間抜けな様を表すようになりました。

漢字で「頓珍漢」と書く場合もありますが、これは当て字だそうです。

『とんちんかん』という名前のモノ

言葉の響きの良さからか、店名として使うパターンも見受けられます。

主に飲食店に多く、店名の表記パターンも「とんちんかん、トンチンカン、豚ちんかん、頓珍漢、豚珍館、東珍康、豚珍肝、Tonchinkan」と、バリエーション豊富で面白いですよ。
とんちんかんという名前のお店については、下記を参照下さい。

https://junglewood.xyz/name/store-name-tonchinkan/

また、ある世代の方にはピンと来るかと思うのが「ついでにとんちんかん」という漫画です。
週刊少年ジャンプ(集英社)で、1984年に読み切り作品として掲載され、その後1985年から1989年まで連載されました。

単行本は全部で18巻発行されています。

最後のまとめ

余談ですが、「とんちんかん」と似たような言葉で「あんぽんたん」という言葉もあります。
 
意味としては「阿保(あほ)・馬鹿(ばか)」といった言葉と同異義語で、「あほんだら」が転じた言葉とされています。
江戸時代の随筆にも「あんぽんたん」という言葉が流行したことが残されています。
 
あんぽんたん」の語源としては、「アンポンタン」と呼ばれるカサゴの一種の魚
が江戸時代に出回り、サイズは大きいが味がいまいちであったため、それが現在の「あんぽんたん」の意味合いの語源になったという説もあるそうです。
 
魚と言えば、縁起がよい出世魚の種類などについての以下の記事も是非ご参照下さい。

『出世魚の種類一覧』魚の種類と呼び方はどう変わる?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です