企業と会社の違いって何?世界最古の企業について。

世界中には数多くの会社があります。
会社」と似たような言葉で「」という言葉もありますよね?

普段何気なく使われる2つの言ですが「会社と企業の違い」は何なのでしょうか?

スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




会社と企業の違い

会社の定義

会社とは「会社法に基づいて設立された法人」のこと。
会社の種類には、株式会社・合同会社・合資会社・合名会社などがあります。
上記の分類は「資金の調達方法」「経営権の所在」「責任の範囲」などにより分類されます。
 
以前は「有限会社」もありましたが、現在においては会社法において『有限会社』という商号がついた株式会社であるとされています。

企業の定義

企業とは「営利を目的として、継続的に経済活動を営む組織体」のこと。
個人で営んでいる事業(個人事業主)や集団で資金を募り形成した組織、経済的な活動をしている主体を指す。

法人の定義

民法における定義では、
ーーーーーーーーーーー
法人とは、自然人以外で権利・義務の主体として認められるもの。
法は、法人とするのが適当であるような実体に対して法人格(権利能力)を付与する。
どのような実体に対して法人格が付与されるのかは法政策によるが、現在の法人制度でそのような実体の基礎とされるのが人の集団(社団)または財産(財団)である。
ーーーーーーーーーーー
とされています。
 
要は「法で主体性が認められた組織」のことを指します。
NPOなどの非営利目的の組織や、独立行政法人、公社・公庫も法人格を有します。

会社と企業の使い分け方

簡単に言うと「法人化されているか、いないか」と言ってもよいかもしれません。
個人でやっている商店などは法人化していないこともあり、その場合は「会社」という呼び方は適用されません。
何らかの契約や公的文書の記入時などはそうはいきませんが、普段使う際はあまり気にせずに使用されている場合が多いです。
 
ですので、「会社」と「企業」の2つの単語の使い分けは、そこまでシビアに気にする必要はないかもしれませんね。

世界最古の企業について

会社や企業は日本国内をはじめ世界中にたくさんあります。
新しく生まれる会社もあれば、時代の波にのまれて消えていく企業も多くあります。
 
その中でも、世界最古の企業のトップ3はなんとすべて日本の企業なのです!
以下の記事で詳しく紹介していますので、こちらもチェックしてみて下さい。
世界最古の企業、トップ3社とも日本の会社だった?!
日本はもとより世界中にあるいろいろな「企業」や「会社」。   起業してから残る日本の会社の数は、1年以内に40%、5年以内に15%、...
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




この記事が「よかった!」場合は、シェアをお願いします。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村