『砂金』という珍しい苗字がある!砂金採りのおすすめスポットはココ!

スポンサーリンク
砂金」という珍しい苗字があるって皆さんご存知ですか?
 
砂金というと、「砂金採り」を連想した方は少なくないと思います。
本記事では「砂金という苗字」についてと、「砂金採りが体験出来るスポット」について紹介します。
スポンサーリンク

砂金(という苗字)の読み方

砂金という苗字の読み方は、
いさご、いさごがね、いさごきん、さかね、さがね、はながね、すながね、すなかね、すなこん、すがね、さきん、さこん、すなご、いさがね
その読み方はとても多いです。
 
全国で約5,000位で、人数はおよそ2,100人

砂金(という苗字)の由来・起源

現在の宮城県北中部と岩手県南東部にあたる、陸前国柴田郡砂金村に由来します。

現在は宮城県に約800人、北海道に約400人、東京都に約200人、埼玉・神奈川県に約100人いらっしゃいます。
日本にある各地域・地方特有の苗字については下記の記事にてまとめているので、是非読んでみて下さい。

都道府県別の珍しい苗字。苗字で出身地がわかるかも…
日本には数多くの苗字(名字)があります。 「佐藤、伊藤、斎藤、高橋、渡辺…」といった多数派の苗字もあれば、思わず「漢字でどう書くの?これってどう読むの?」と思わず聞きたくなる珍しい苗字もありますよね。 普段その地域に住んでいる人にとって...

日本で砂金採りが体験出来るスポット

ちなみに「砂金」は沙金とも書き、砂状に細粒化した自然金のことを指します。
 
個人での採取は古くから行われており、砂金取りが体験出来る施設も各地にあります。
一例を下記に挙げます。
 

土肥金山(静岡県伊豆市)

江戸時代当時、佐渡金山に次ぐ生産量を誇った伊豆最大の金山。

静岡県伊豆市土肥2726

西伊豆 土肥金山 | 家族で楽しめる金のテーマパーク
西伊豆の観光スポット土肥金山のWebサイトです。ギネス登録の世界一の巨大金塊、砂金採り体験、お食事、お土産、パワースポットと家族で楽しめる金のテーマパークです。

湯之奥金山(山梨県)

日本の金山の歴史映像シアターも閲覧出来、体験で採れた砂金を持ち帰ることも出来ます。

山梨県南巨摩郡身延町上之平1787番地先

山梨県身延町
身延町公式ホームページ。安らぎと活力あるひらかれたまち「身延町」 暮らしの情報や町政の情報、観光・イベント情報などを発信しています。

鯛生金山(大分県日田市)

東洋一を誇った金山を紹介する地底博物館。

大分県日田市中津江村合瀬3750

鯛生金山地底博物館オフィシャルサイト
かつて東洋一の金産出量を誇り、総延長110Km、地下500mの坑道を持つ鯛生金山。 当時の坑道を再現し、地底博物館として採掘の様子を今に伝えます。

遊膳(栃木県、旧 那須わくわく広場)

栃木県にあり、キャンプ・BBQ・釣り堀・砂金取り体験などが出来ます。

栃木県那須郡那須町大字高久乙2722-8

遊べる飯や 那須 遊膳
遊膳は、老若男女すべてのお客様に楽しんでいただけるよう、安全・安心の「食」と「遊び」を ご提供 いたします。

佐渡西三川ゴールドパーク(新潟県佐渡市)

屋内・人工河川・自然河川と、コース別の砂金採り体験が出来ます。

新潟県佐渡市西三川835-1

佐渡西三川ゴールドパーク
金の島「佐渡」で千年の歴史を誇る西三川砂金山。

地底王国美川ムーバレー(山口県岩国市)

全長約1kmに及ぶ地底空間が体験出来ます。

山口県岩国市美川町根笠1564-1

謎の地底空間テーマパーク 地底王国・美川ムーバレー&山ほたるホームページ
謎の地底空間テーマパーク 地底王国・美川ムーバレーで未体験ゾーンに突入!!

マイントピア別子(愛媛県新居浜市)

別子鉱山の歴史を学べ、実際に使っていた鉱山鉄道も体験出来ます。

愛媛県新居浜市立川町707-3

MOBILE | マイントピア別子(MINETOPIA BESSHI)│公式サイト
★通行止め情報 ★「あかがねキッズパーク」貸切予約状況 (2021年7月19日更新) ▲「地域共通クーポン」は、「本館1F売店」や「鉱山観光」、「砂金採り体験」などでご利用いただけます。 一歩足を踏み入れると、300年前の別子銅山にタイムスリップ!江戸時代・近代の別子銅山の生活を楽しみながら学べ、体験もできる遊学パーク...

まとめ

金が採れる「砂金採り」、とてもワクワクしますよね。
資源が少ないと言われている日本ですが、今でも砂金採りが体験出来る施設は貴重ですね。

この機会に是非足を運んで体験してみて下さい。
また、「砂金」という苗字(名字)以外でも、あっと驚く珍しい苗字について、以下の記事も是非読んでみて下さい。

『えっ!そんな変わった苗字が本当にあるの?』読み方も難しい珍しい苗字
世の中には色々な苗字の方がいます。 本記事ではその中でも特に珍しい苗字(名字)、変わった苗字を紹介します。 例えば「薬袋、一番合戦、勘解由小路、鰻…」 その珍しさもそうですが、読み方も「え?何て読むの?」となる変わった苗字ばか...

 

参照:名字由来net日本姓氏語源辞典

コメント