女が三つの漢字『姦』、変換の仕方や読み方は?

」という漢字は皆さんご存知ですよね。
女が三つの漢字姦』という漢字も、見たことがある方が多いのではないでしょうか。
ただ、見たことはあっても、日常で使う機会はあまりないかもしれませんね。
 
」という漢字の読み方などを紹介していきます。
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




女3つの漢字「姦」の読み方

」の読み方は、訓読みで「みだら、よこしま、かしま-しい」、音読みで「かん、けん」と読みます。
異体字は「姧・𡝎・𢙶・奸・𡟗・𪙨」です。
 
姦という漢字の意味としては、
・よこしま。正しくない。
・みだら。男女が道に外れた関係を結ぶこと。女性をおかす。
・かしましい。やかましい。
といった意味を持ちます。

姦が使われる単語など

強姦(ごうかん)、相姦(そうかん)、姦計(かんけい)、和姦(わかん)、姦悪(かんあく)、姦淫(かんいん)、姦通(かんつう)、姦夫(かんぷ)、などが挙げられます。
こうやって列挙すると、あまり良い意味で使われることはない漢字ですね…
 
姦という漢字を変換する場合は、上記の読み方や単語を入力すれば漢字が出てきます。
 

「男・女」が交じった漢字

姦の意味や使われ方については、男女が関わることが多いです。
ですが、文字通り「」と「」が交じった漢字も存在します。
『嬲』『嫐』という漢字です。
 

「嬲」という漢字について

」の読み方は、訓読みで「なぶ-る」、音読みで「じょう」です。
意味としては、「なぶる、もてあそぶ」という意味です。
 

「嫐」という漢字について

」の読み方は、訓読みで「なぶ-る、うわなり」、音読みで「どう、のう」です。

こちらの意味も「なぶる、もてあそぶ」ですが、嬲との違いとしては、『嫐(うわなり)』という歌舞伎十八番(かぶきじゅうはちばん)の演目があることです。

歌舞伎十八番 嫐(うわなり) - 成田屋 市川團十郎・市川海老蔵 公式Webサイト
歌舞伎十八番 嫐(うわなり) 成田屋は、江戸歌舞伎の代表的な家系、市川團十郎家の屋号で、家の芸として歌舞伎十八番が知られています。
 

男が三つの漢字「」について

残念ながら、PC・スマホ共に変換出来ない事がほとんどなのですが、男が3つの漢字『』で「たばかる」と読む漢字も大漢和辞典(補巻)に記述があります。

「男性が多く集まり、だます」という意味です。

まとめ

女みっつの漢字」のように、同じ漢字2つや3つで構成される漢字を「理義字」と言います。
理義字には珍しい漢字も多いのですが、「」という漢字についての記事も良かったら読んでみて下さい。
 
関連コンテンツ①
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




シェア・共有はこちらから。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村