「流しそうめん」と「そうめん流し」の違いは?そもそも起源はどこ?

夏の風物詩ともいうべき「流しそうめん」。

やっているお店に行ったり、苦労して自作して自宅のお庭でやったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、「そうめん流し」という単語を先日初めて知りました。
地域によって呼び方が違うのかな、くらいに思い調べてみると、呼び方以外にも違いがあってちょっとびっくり!

スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




形式は2種類あった!

①竹をつなぎ上から下へ流すスタイル

半分に割った竹を何本もつなげて、上流から水と一緒にそうめんを流し、すくって食べる形式。全国的にもこの形式が一般的。


【起源】

起源は昭和30年、宮崎県高千穂町(諸説あり)。
高千穂駐在の新聞記者が、野外でそうめんを湯がき、冷水にさらして食したことに端を発する。

商用として扱われる前に、同様の形式自体が生まれたのは、江戸時代にまで遡るという文献もある。


【呼び方】

「流しそうめん」と呼ぶのが一般的だが、地域により変わる場合があり、同じ形式でも西日本では「そうめん流し」と呼ぶこともある。


②容器などで回転させるスタイル

「そうめん流し」は、ドーナツ状(円環)の容器で水を循環させ、そこに流したそうめんをすくって食べる形式。


【起源】

鹿児島県指宿市の唐船峡。
唐船峡の清水はなんと1日10万トンも湧出!それに着眼し、昭和37年に観光アピールとしてそうめん流しが始まった。
ちなみに唐船峡の湧水は「平成の名水百選」に選出されている。

【呼び方】

この形式は「そうめん流し」と呼ばれる。
起源でもある鹿児島県の界隈では、同形式にて提供している飲食店も多数ある。


流しそうめんのギネス記録

2016年8月27日、奈良県御所市の金剛山の麓にて3317.7mを達成。
市民は歓喜の渦に包まれたとか包まれなかったとか。


おしまいに

軽い気持ちで調べたのですが、そのルーツなどが意外と深いことを知りました。
家庭で楽しめる流しそうめん機も売ってますが、「流す型」と「回転型」確かに2種類ありますね。
もはや家庭用なのかわかりませんが、20万円以上するキットもあり驚きました…

「そもそも、なんでそうめんを流すのか?」という声もありますが、現代のように冷蔵庫などが無い時代の古き良き習わしを、「風情を楽しむ」ということでよいのではないでしょうか?

ちなみに、東京近郊で流しそうめんを体験したい場合は下記を参照下さい。

東京近郊で流しそうめんが体験できる店舗はここ!
夏の風物詩の一つとも言える「流しそうめん」、皆さんは体験したことはありますか? ただ「食べる」というだけでなく、ワクワク感があって...

スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




この記事が「よかった!」場合は、シェアをお願いします。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村