小岩駅 改札前のお相撲さんについて

JR総武線の東京東端に位置する「小岩駅」。
改札は2つあり、メインの改札を出るとすぐお相撲さんが出迎えてくれる(左記の写真参照)。
 
小岩に住む住民ならば、馴染みの光景である。
待ち合わせ場所としてもよく使われるこのお相撲さん、実は詳しく知らない方も多いのでなかろうか?

小岩にある相撲部屋

お相撲さんと言えば、記憶に新しいのが、日本出身力士として19年振りの横綱となった「稀勢の里」関。
そして、2017年に大関昇進を果たした「高安」関。
共に、江戸川区東小岩に居を構える、田子ノ浦部屋の力士である。
 
そんな小岩の駅改札前に鎮座するのは「栃錦」関。
建てられたのは1990年12月25日だそうだ。
 
自分自身、詳しく知らなかったためちょっと調べてみると、

栃錦 関について

・少年時代より運動神経はバツグン。
・軽量と言われながら、1954年に横綱に昇進
・幕内通算513勝は、1960年当時の最多勝記録。
・「栃若時代」とも呼ばれる、「栃錦」「若乃花」の両横綱の激しい戦いがあった。
・若乃花横綱昇進前まで(1958年1月場所まで)の対戦成績は、栃錦の15勝9敗。
・両者が横綱同士の対戦成績(1958年3月場所以降)は、若乃花の6勝4敗
・引退後は横綱、大関をはじめ数多くの 関取を育てた。
日本相撲協会理事長としても、新たな両国国技館を建設するなど尽力し、1990年 64歳にて没。
 
という大変偉大な方だったのだ!

おしまい

小岩に来た方、現在小岩にお住まいの方も、新たな思いでまた改札前の「栃錦」関を見てみましょう。
 
また、小岩には美味しいお店も数多く存在します。
以下も参考までに是非。

『小岩のおすすめラーメン店』 家系,味噌,つけ麺,二郎,煮干…

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です