非常に珍しい「一番合戦」という苗字。その読み方やルーツは?

Devanath / Pixabay

日本にはたくさんの苗字があります。

佐藤、鈴木、吉田など、人数がたくさんいる苗字もあれば、「本当にこんな苗字があるの⁈」「これってなんて読むの?」と思わず言ってしまうような、珍しい苗字も存在します。

その中でも「一番合戦」という苗字(名字)は聞いたことがあるでしょうか?

本記事では「一番合戦という苗字の読み方やルーツ」について紹介します。

ちなみに、身近に一人はいる確率が高い「さいとう」「わたなべ」という苗字。
「さいとう、わたなべ」という苗字は漢字の種類がとても多いです。
下記記事にて使い分けの参考にして下さい。

https://junglewood.xyz/name/saito-kanji-types/

https://junglewood.xyz/name/watanabe-kanji-types/

一番合戦の読み方

読み方は複数あり、

「いちばんがっせん」「いちまかせ」「いちばかせ」「いちばんがせ」「いちばんかせ」「いまかい」など。

佐賀県、兵庫県に少数みられ、全国ではおよそ30人とかなり少ない苗字です。

由来・ルーツ

ルーツは佐賀県神埼郡
後鳥羽上皇がこの地で賊に襲われ、一番合戦があったとされる事が苗字の由来とされます。

ただ、地名としても存在し、同じく珍しい苗字の「一番ヶ瀬」の佳字という説もあります。

ちなみに同地には、国指定特別史跡である吉野ケ里遺跡があります。

https://goo.gl/maps/YiR6i85augr

吉野ケ里遺跡は、約50ヘクタールに及ぶ弥生時代の環濠集落です。
1986年(昭和61年)からの発掘調査によって発見されました。
奈良・平安の律令時代には、神崎郡の役所の機能を有する建物があったであろうと推定されています。

吉野ケ里遺跡の特徴として、集落の防御についての関連遺構がある。
外壕と内壕の二重の環壕があり、総延長2.5キロメートルの外壕が囲んでいる範囲はおよそ40ヘクタールにも及びます。

最後に

「一番合戦」以外にも、「こんな読み方なの?!」と思わず言ってしまうような珍しい苗字はたくさんあります。
そんな珍しい苗字や、都道府県ごと特有の苗字については、以下の記事を参照下さい。

https://junglewood.xyz/name/very-unusual-surname/

https://junglewood.xyz/name/unique-surname-for-each-prefecture/

また、苗字ではないですが「これってそういう呼び方だったの⁈」となるような、いろいろなモノの呼び方や正式名称について以下の記事にてまとめています。

https://junglewood.xyz/name/that-official-name/

皆さんの身近にも色々な苗字の方がいらっしゃるかと思います。
由来やルーツなどを調べてみると面白いかもしれませんよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です