「羽生」という苗字は読み方が多い!羽生の由来や分布は?

スポンサーリンク

羽生」という苗字(名字)、一度も聞いたことがないという方は少ないと思います。

と言うのも、将棋棋士の羽生善治さん、 フィギアスケート選手の羽生結弦さんなど、日本はもちろん世界的にも活躍されているこの二方の影響はとても大きいですよね。
 
漢字表記は「羽生」という同じ漢字ですが、読み方は「はぶ・はにゅう」とそれぞれ違います。
他にも色々な読み方がある「羽生」という苗字、その詳細について探っていきます。
スポンサーリンク

羽生という苗字(名字)の詳細

羽生という苗字の読み方

羽生という苗字(名字)の読み方は、
「はにゅう、はにふ、はにう、はぎゅう、はしゅう、はじゅう、はしょう、はせ、うに、はねう、はねお、はぶ、はも、うもう、にわ、はいく、はう、はお、はおう」

羽生という苗字の人数・分布・由来

羽生という苗字は全国におよそ9,700人で、全国順位は約1640位です。
分布としては、茨城県に約1500人、東京都に約1100人、鹿児島県に約1000人、長野県・北海道・神奈川県・埼玉県に約600人、千葉県に約500人、新潟県・大阪府に約400人いらっしゃいます。
 
羽生は「埴土のある土地、利用するところ」という意味で、埴生が転訛して「はにう→はにゅう」、それが短縮化して「はふ、はぶ」となったそうです。
 
ちなみに、日本における現行の自治体・行政地名においては全て「はにゅう」と読みます。

羽生 善治(はぶ よしはる)さんについて

1970年生まれ、埼玉県所沢市出身の日本の将棋棋士。
 
1985年に中学生でプロ棋士となり、1996年には将棋界で初めて7タイトル(竜王・名人・王位・王座・棋王・王将・棋聖)全ての独占を達成する。
 
2017年には、初の永世七冠(十九世名人・永世竜王・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世王将・永世棋聖)を達成する。

羽生 結弦(はにゅう ゆづる)さんについて

1994年生まれ、宮城県仙台市出身のフィギュアスケート選手。
 
ANA(全日本空輸)所属。
主要戦績は、2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピックで、2大会連続優勝。
2014年・2017年世界選手権優勝。
グランプリファイナル2013年~2016年で4連覇。
全日本選手権2012年~2015年で4連覇。
 
2012年から2018年の間に15回も世界記録を更新しており、その偉業を称して「レコードブレーカー」とも呼ばれる。

最後のまとめ

皆さんの周りには「羽生」さんはいらっしゃいますか?
ちなみに筆者の周りにはおらず、埼玉県にある東武鉄道の「羽生駅」には仕事で何度か行ったことがあるぐらいです。

将棋界・フィギュアスケート界のレジェンドである二人の羽生さんには、今後も活躍を是非期待したいですね。

最後に、日本の地方特有の珍しい苗字(名字)や、変わった苗字についての以下の記事もよかったら読んでみて下さい。

都道府県別の珍しい苗字。苗字で出身地がわかるかも…
日本には数多くの苗字(名字)があります。 「佐藤、伊藤、斎藤、高橋、渡辺…」といった多数派の苗字もあれば、思わず「漢字でどう書くの?これってどう読むの?」と思わず聞きたくなる珍しい苗字もありますよね。 普段その地域に住んでいる人にとって...
『えっ!そんな変わった苗字が本当にあるの?』読み方も難しい珍しい苗字
世の中には色々な苗字の方がいます。 本記事ではその中でも特に珍しい苗字(名字)、変わった苗字を紹介します。 例えば「薬袋、一番合戦、勘解由小路、鰻…」 その珍しさもそうですが、読み方も「え?何て読むの?」となる変わった苗字ばか...

参照:名字由来net日本姓氏語源辞典

コメント