ADHDってなに?症状の特徴や接し方について。

最近、目にする機会が増えた「ADHD」という単語。

なんとなくはわかるけど、詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。
その詳細について紹介します。
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




ADHDは何の略称?

ADHDとは「Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder = AD/HD」の一般的な略称で、注意欠陥多動性障害とも呼ばれます。

ADHDの特徴・症状

ADHDの特徴としては、
  1. 不注意(集中力がない・気が散りやすい)
  2. 多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)
  3. 衝動性 (順番を待てない・考える前に実行してしまう)
上記の3つの要素が見られる障害のことです。
3要素ともに、子供から大人になるにつれて、症状に変化があります。

不注意の症状の変化

子供時代に「勉強等での不注意な間違い」は、「仕事のケアレスミスが多い」に変化します。
 
「興味がある事に集中しすぎてしまい切り替えがなかなか出来ない」症状は、大人になった際「仕事の時間管理が苦手」だったりします。
 
子供・大人共通の症状としては、「課や作業を順序立てて実行することが苦手」、「忘れ物や物を無くすことが多い」等があります。

多動性の症状の変化

子供時代に「落ち着いて座っていることが難しい」という症状は、大人になり「目的がない動きをしたり、貧乏ゆすりなど」に変化します。
 
「遊びやレジャー活動におとなしく参加出来ない」という症状は、大人になり「なにかと落ち着きがない感じ」に変わります。

衝動性の症状の変化

子供時代に「質問が終わり切らない内に答えてしまう」という症状は、大人になり「思った事がすぐ口に出てしまう」に変化します。
 
「欲しいものがあると、激しい駄々をこねてしまう」という症状は、「つい衝動買いをしてしまう」に変化します。

ADHDの比率など

ADHDの方は日本だけでなく世界各国に一定の割合で存在し、一般的には3~7%といわれています。
女性よりも男性の方が発祥率が高いそうです。
 
上記に挙げた症状に該当し、診療を受けたい場合は「精神神経科」で受診が可能です。
 
ADHDとはまた違う症状ではありますが、吃音症音痴についての記事もあります。
以下をぜひ参照下さい。
「どもり」の正式名称と、ある営業マンの話。
世間一般的に「どもり」と呼ばれる症状の正式名称は、吃音症(きつおんしょう)と言います。 英語では Stuttering 。 ...
「音痴」には正式名称がある!すぐにトライ出来る音痴の改善策は?
一般的に歌が苦手な人を指す「音痴」の正式名称は「先天的音楽機能不全」と言います。   音に対して感覚が鈍く、特に歌唱能力が劣ることを指し...

ADHDの子供との接し方

ADHDの子供は自分への自信が持てず、多方面において支障を来す場合が多々あります。
接する場合は以下の点を参照下さい。
 
→こまめによく褒める
→伸びしろがありそうな才能を見つける
→規律や行動の順序をしっかり教える
→不注意によるミスの原因を教える
→急な予定変更などの不安を減らす

発達障害の他の種類

発達障害には大きく3種類あり、ADHD以外に「ASD」や「LD」と呼ばれるものもあります。
 
ASD…人とのコミュニケーションの方法が独特であったり、特定の分野へのこだわりが強い。
LD…知的発達には遅れがないが、読み書きや計算に支障を来す。

最後に

近年、自身が発達障害であることを公表する有名人が増えたこともあり、発達障害への認知が高まっています。
 
とは言え個々の特性が様々なため、サポートする側においても、症状の知識や理解がとても重要になってきます。
現在、家族・親族や仕事関係においてそういった症状の方がいなくても、今後のための知識として是非覚えて頂ければ幸いです。
 
関連コンテンツ①
スポンサーリンク
広告タイプ①(レクタングル大)




広告タイプ①(レクタングル大)




シェア・共有はこちらから。

にほんブログ村・ブログランキング

ブログランキングに参加中。「ポチッ」とご協力をお願いします!


にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村