すだれの取り付けは屋外?室内?取り付ける場所で効果の違いがスゴイ!

夏が近付くほど、暑い日々が増えてきますよね。

仕事から帰宅をしたら、室内が昼間の暑さによってもわっとした熱気で充満していることも珍しくなくなります。
夏はただでさえ暑く過ごしにくい季節ですから、涼しく過ごしたいものですよね。

そんな時に活躍するのが「すだれ」です。
すだれを取り付けるだけで涼しさを手に入れることもできますし、すだれを取り付けることで日本の夏の風情を感じることもできます。

それでは、すだれを取り付けるならば室内、それとも屋外に取り付けた方が効果的なのでしょうか。
今回は、すだれを取り付ける場所と効果についてお話しします。

すだれを取り付けるとどんな効果があるの?

皆さんは、すだれにどのようなイメージがありますか?

「夏に田舎のおばあちゃんの家に遊びに行った時にあったような……」
と想像される方もいらっしゃる方かもしれません。

「すだれ」や「よしず」は日本に古くからあるもので、夏を涼しく過ごすのに効果的なアイテムです。
すだれやよしずを取り付けると、太陽の光が家の中に注ぎ込むのを防いでくれます。

また、すだれやよしずの隙間からは涼しい風が吹き込むので、取り付けないでいる場合よりも部屋に入ってくる風を冷たく感じられます。

このように、すだれやよしずを取り付けると、日本の夏の風情を感じながら暑さを防ぎ、更には節電効果も期待できるのです。

在宅が多い方にオススメ!カーテン代わりのすだれ

すだれは取り付ける場所によって、取り付け方も異なります。

すだれの簡単な取り付け方としては、室内でカーテンレールに取り付ける方法です。
イメージとしては、レースのカーテンの代わりにすだれを取り付けるようなイメージです。

すだれやよしずは屋外に取り付けることの方が多いのですが、大きなガラス戸がない場合やベランダがない場合などは、室内にすだれを取り付けるだけでも効果を得られます。

すだれはレースのカーテンよりも風を通しやすく、熱が室内にこもりにくくなるので、在宅をしていることが多い方ならば室内にすだれを取り付けて、すだれ越しに外の空気を家の中に流すようにするといいでしょう。

窓やガラス戸が多い家にお住いの方にオススメ!すだれとよしず

戸建てにお住まいの方や、大きな窓やガラス戸が多い家にお住まいの方には、すだれと合わせてよしずを屋外で使用するのがおすすめです。

すだれは細かく裂いた竹を紐で編んだもので、よしずは葦の茎を糸で編んだものです。
どちらも日差しが室内に降り注がないように役立ち、すだれやよしずを取り付けることで吹き抜ける風の温度が涼しいものになります。

すだれを屋外に取り付ける時にはすだれ用のフックを使い、よしずを取り付ける時はよしずを軒先や窓に立てかけるようにして、高さの半分から下に向かっては紐を通してブロックなど重いものに固定して吹き飛ばないように取り付けます。

屋外にすだれやよしずを取り付けるならば、ゴーヤや朝顔など蔓が伸びる植物を育てて緑のカーテンと合わせて使用すると、外から入ってくる風が更に涼しくなります。

まとめ

夏の暑い日々を乗り切るためには冷房も必要ですが、すだれやよしずを使って自然の力で涼をとる方法もオススメです。

すだれやよしずは日差しを防ぎ、外から吹き込む風を涼しくする効果があります。
すだれやよしずは基本的には屋外に取り付けるものですが、室内でカーテンレールを利用してすだれを取り付けるのもオススメです。

屋外にすだれやよしずを取り付けるならば、植物で作る天然の緑のカーテンと合わせて使うと更に涼しく過ごせます。

皆さんも今年はすだれとよしずを使ってエコで風情のある夏を過ごしてみませんか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です