はしごだか『髙』,漢字変換の出し方は?読み方は変わる?

スポンサーリンク

」という漢字は、日常でもよく見聞きする漢字ですよね。

では、『はしごだか』と呼ばれる『髙』という漢字はご存じでしょうか?

髙橋・髙木・髙田・髙野…」といった苗字や、それを冠する社名や屋号等ではしごだか表記を見かける確率が高いかもしれませんね。

本記事では、はしごだか『髙』の読み方や、漢字に変換する方法について紹介していきます。

(※本記事で使用の「髙」という漢字は環境依存文字のため、お使いの携帯電話やPCのOS・ブラウザの使用状況によっては文字化けで見れない可能性があります)

スポンサーリンク

『髙』の読み方と「高」との違い

『髙』は「高」の異体字とされています。
(異体字とは、読み方・使用方法などが一緒で漢字の一部が異なる字体)

2つの漢字を区分するために、
「高」を「くちだか」『髙』は「はしごだか」と呼び分けたりします。

読み方はどちらも一緒で、音読みで「こう」、訓読みで「たか」です。

ただ、『髙』は常用漢字ではないため新しく人名には使えません

子供に名前を付ける際、「たかし=髙志」や「たかひろ=髙広」という具合に、はしごだか髙を使うことは出来ないというわけです。

そして少々ややこしいのですが、
「高が旧字」「髙が新字」になります。

『髙』の変換方法は?

『髙』の変換方法ですが、「はしごだか」と入力しても出てきません。亘

「たか、こう」と入力しても変換候補に出てくる可能性が高いですが、出てくる候補の漢字が多いため、たかはし」「たかぎ」等の人名で入力するか、「たかしまや」と打ち変換した方が早いかもしれません。

高島屋のロゴ

前述の通り、百貨店の「高島屋」の会社ロゴは「はしごだか・髙」が使われています(下記参照)。

また、同じような漢字で「吉」の旧字体である『𠮷』という漢字もあります。
牛丼チェーン吉野家のロゴを検索して頂くとわかりやすいです。

ご興味がある方は以下の記事もぜひご参照下さい。

「つちよし」とも呼ばれる『𠮷』という漢字、変換するにはどうすれば良い?
「吉」という漢字は、身の回りをちょっと探せばすぐ見つかる文字ですよね。 苗字では吉田さんや吉川さん、おみくじの小吉・中吉・大吉、 自宅や職場近くに吉野家があるという方も多いのでは。 ちなみに吉野家の漢字、実は「吉」 ではなく吉の下が...

「高」がつく苗字や地名

高がつく苗字や地名の有名どころでは、
苗字だと「高橋、高木、高野、高山」
地名では「高知県」や大阪府の「高槻市」、あとは群馬県の「高崎市」や香川県の県庁所在地である「高松市」などでしょうか。

別記事でもう少し深掘りしているので、ご興味あればこちらも是非読んでみて下さい。

『高』がつく苗字や地名にはどんなものがある?
日常でもよく見かける「高」という漢字。 人の名前では特に苗字(名字)、あとは地名等でも見かける機会は多いですよね。   その際、「髙」という表記を見たことはないでしょうか? 通称「はしごだか」と呼ばれる「髙」という漢字については、以...

まとめ

新たに知り合った方が『髙』という漢字を使っていたら、メールや年賀状の宛名は「はしごだか」で記載した方がよいかもしれませんね。
少なくとも筆者はそうしています。

どちらの漢字表記でも気にしない方もいらっしゃるでしょうが、
「正式表記で書かれた方が嬉しいかな」との声を、直接ご本人から伺った事があるからです。

最後に、漢字や名前に関する以下の記事もよければどうぞ。

「佐藤、鈴木、高橋、渡辺、斎藤‥」、多数派の苗字でも漢字の種類は色々!
日本には様々な苗字(名字)があります。 数ある苗字の中でも常に上位に入ってくる、人数が多い苗字には「佐藤、鈴木、高橋、田中、伊藤、渡辺、斎藤…」などが挙げられます。   そんな多数派の苗字でも「同じ読み方でも様々な漢字表記」があります...
都道府県別の珍しい苗字。苗字で出身地がわかるかも…
日本には数多くの苗字(名字)があります。 「佐藤、伊藤、斎藤、高橋、渡辺…」といった多数派の苗字もあれば、思わず「漢字でどう書くの?これってどう読むの?」と思わず聞きたくなる珍しい苗字もありますよね。 普段その地域に住んでいる人にとって...

コメント